ナビゲーションをスキップする

ここから本文です。

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会(通称:社協)は、社会福祉法(第109条)に基づき社会福祉事業の健全な発達を目指すとともに、地域福祉活動を積極的に推進することを目的に、町民の皆様や行政等との協働活動により、誰もが安全で安心して暮らせる町づくりを進める公共性と公益性を併せ持つ民間団体(社会福祉法人)です。

構成メンバー

構成メンバー

湯浅町社会福祉協議会 基本理念

湯浅町社会福祉協議会は、地域の様々な人々の知恵と力を結集し、「誰もが安全で安心して暮らせる福祉と人権の守られた町づくり」の推進を図ります。

湯浅町社会福祉協議会 基本目標

みんなで幸せを育むまち~気づき合い 分かち合い 支え合う 湯浅町~
一、すべての住民が参加できる地域
一、安心して暮らせる地域体制の構築
一、福祉サービスを利用しやすい仕組み
上記を基本目標とし、湯浅町地域福祉計画・地域福祉活動計画の推進・達成にむけた取組みを実施する。

湯浅町社会福祉協議会の会員と会費

住民の皆様、一人ひとりの手によって湯浅町の地域福祉を高め、推進して行くためには、様々な活動や事業に参画、参加して頂く事が必要です。
住民の皆様が、福祉の担い手として参加する福祉こそ本来の姿であるという理念のもと住民参加の一形態として、社会福祉協議会では、住民の皆様を始めとした会員制度を実施し、財源面からの参加(協力)を頂き、様々な地域福祉活動の推進に役立たせて頂いています。